How to HOW TO

企業リスト活用

インターネットを使った優良顧客の発掘術

第6回 複数サイトから重複せずに企業情報を収集

前回は「FAX番号やメールアドレスが含まれている企業のみをリスト化するオプション機能」をご紹介しました。今回は、「複数サイトから重複せずに企業情報を集める方法」をご紹介します。

複数サイトで重複しているデータを整理

様々なサイトから企業情報を集めると、掲載企業が重複するケースが多くあります。

Urizo(ウリゾウ)なら、重複データは自動的に省きます。それによって、営業リスト内の重複がなくなり、効率的な営業が行えます。もちろん、営業が被るというクレームもなくなります。

また、重複した場合の件数は、収集件数にはカウントされませんので、ご安心ください。

Urizo(ウリゾウ)なら「どのサイトに掲載されていたか」が分かる

Urizoなら、どの媒体に掲載されていたかが保存されます。複数の媒体に掲載されていた場合は全ての媒体名が保存されます。

複数サイトに掲載されているということは、それだけの資金力があることを示しています。そのため、このような企業を発見できれば、高い成約率が見込めるのです。

複数サイトに掲載されている企業は、自動的に1件のデータに整理されます。しかも、どのサイトに掲載されているかが、全て保存されます。

まずは1,600件分を
収集可能な無料版
お試しください!

31のWEBサイトから合計1,600件分の企業情報を実際に無料で収集可能です。

  • i タウンページ
× 100
  • Googleマップ
  • ぐるなび
  • アットホーム
  • マイナビ新卒
  • HotPepper
  • Hot Pepper Beauty
  • 食べログ
  • 転職会議
  • 楽天
  • 楽天トラベル
  • グースクール
  • リクナビ新卒
  • ハローワーク
  • etc…
×50 = 1500

※社名や住所・電話番号だけでなくFAX番号やメールアドレスもリスト化

収集したリストを活用して
効率的に新規顧客開拓!

企業リスト作成ツールの決定版 Urizo(ウリゾウ)

  • 導入実績 業界No.1
  • 導入企業 60,000 ダウンロード突破
  • 業界最安級 6,578円~/月
タレント素材 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー ウエンツ瑛士