Knowhow KNOWHOW

リスト活用ノウハウ

FAXDM配信のメリットとは

FAXDMは、ダイレクトメール(DM)をFAXで送る手法です。ダイレクトメールといえばハガキなどを郵送する方法がよく知られていますが、FAXDMは郵送にはないさまざまなメリットがあります。

FAXDM配信のメリットとは

FAXDM配信には、
・低コスト
・先方の目に留まりやすい
・ターゲットの絞り込みが容易
・配信がスピーディ
・すぐに原稿作成ができる
以上のようなメリットがあります。

低コストで配信できる

最も一般的なDMの配信方法として知られる郵送では、ハガキや封筒の代金をはじめ印刷や封入、発送に至るまでのコストがかさみがちです。

FAXならDM1通あたりのコストも数円程度で済みます。限られた予算内で効率よくDMの配信を行いたい場合にはかなり有効な手法といえるでしょう。

また、FAXDMは、BtoBに向いている配信方法です。一般消費者はFAXを所有している率が低いため、BtoCでのFAXDMはあまり効果がありませんが、企業なら高確率でFAXを所有しているため、FAXDM配信の効力を生かせます。

すぐに内容を見てもらえる

郵送でのDMでは開封してもらえない限り内容を見てもらえませんし、メール配信もクリックしてもらえなければ中身を見てもらうことすらできません。

その点、FAXなら自動で出力されますし、原稿がそのまま出てくるので先方の目にも留まりやすいメリットがあります。「開封」という手順を省略できるのは、郵送やメールにはない魅力です。

営業ターゲットを絞りやすい

これはFAXだけに限らず、DMそのもののメリットともいえますが、DMに好反応を示したユーザーだけに営業ターゲットを絞れるので、営業活動の無駄を省くことにつながります。

通常は、営業先の選定から先方へのアポ取り、そして営業先での商品説明などが一連の営業活動です。DMなら内容に興味を示した相手だけに営業をかけられるため、営業活動の効率化が可能です。

スピーディかつ大量に配信できる

郵送でDMを送ろうとすると、原稿の作成から印刷、封入作業など多くの工程を経なければならないため、大量に送ろうとすると相当の手間が発生してしまいます。

FAXなら原稿1枚があればスピーディに配信を完了できますし、配信先のFAX番号リストを複合機に登録しておけば1回の操作で同時に配信してしまうこともできます。

原稿の作成に手間をかけずに配信できる

郵送のDMでは送付先の目に留まりやすくするため、原稿のデザインにこだわらなければならないなど、何かと手間がかかってしまうものです。FAXならA4の用紙1枚だけで事足りてしまうため、原稿作成の作業を大幅にスリム化できます。

しかもFAXはモノクロのため、カラーリングに気を使う必要もありません。その分の労力を文章やキャッチコピーへと集中させることができ、内容の充実化を図れます。

FAXでDMを配信する際には、原稿の見やすさのほか配信量などの点に注意する必要があります。

モノクロでの配信になってしまうので見やすさに注意する

FAXの原稿はカラーではなく白黒なので、原稿に細かく内容を詰めすぎてしまうと非常に見にくいDMとなってしまう恐れがあります。

原稿内容はできる限りシンプルにすることが大切です。記載する内容も要点だけに絞って限りなく少ない情報量で特徴を伝える工夫が必要になり、そのためにも、キャッチコピーなどの質にはこだわっておきたいところです。

反響率が低いため大量に配信しないと効果を得にくい

DMの反響率は、FAXで0.1%前後だといわれています。そのため、少ないアプローチで反響を期待するのは困難です。

せっかく新たな顧客を開拓するためにFAXDMを配信するのですから、できる限り大量に配信することを心がけておかないと、期待するほどの効果を得られません。

相手にも負担が発生する

FAXの場合、先方もインク代や用紙代を負担しなければなりません。こちらから配信する1枚のDMに対する負担は非常に少額であっても、あちこちからFAXDMが送られてきているような企業ならそれだけで用紙やインクの消費も増え、無駄なコスト増につながってしまいがちです。

それによって、FAXDMに対してのクレームが発生するリスクも少なからずありますので、事前のクレーム対策についても準備を怠らないようにしておきましょう。

FAXでDMを配信する際は、

・FAXの特性を生かして原稿を工夫する
・DMを送る曜日や時間帯にこだわる
・代行サービスを利用する

以上の三つがポイントとして挙げられます。

FAXの特性を生かして原稿を作成する

FAXでのDMは、直接原稿を手に取って見てもらえる率が高い点です。そのため、要点を手書きにして目立たせるなど、多彩な工夫を取り入れて作成しましょう。

また、FAXDMを迷惑だと考える相手にも配慮し、「今後のFAXDM不要」などの項目を設け、チェックを入れて送り返してもらえるようにしておくのもいいでしょう。リストから削除しておけば何度も送ってしまうミスも防げます。相手の心象を損ねてしまうのを最小限に抑え、クレームを減らせます。

配信する曜日や時間帯にこだわる

FAXDMは好きなタイミングでいつでも配信できてしまうのがメリットですが、配信するタイミングによってはクレームの対象にもなりかねません。当然ながら、早朝や深夜など常識から外れた時間帯を避けて配信することが大切です。

さらに、始業後すぐの時間帯やランチタイムの前後、終業時刻の前後は先方の業務が立て込んでいる可能性が高いため、DMの反響率にも影響を及ぼす可能性があります。また、月初めや月末など多忙な時期を避けることも重要です。

FAXDMの代行サービスを利用する

FAXDM配信そのものを代行サービスに委託してしまう方法もおすすめです。配信先リストの用意も難しいならリストをレンタルできるサービスもありますし、もちろん、原稿の作成から送信までトータルでサポートしてくれるので、自社でのFAXDM配信に不安があるなら、ぜひ活用してみる価値はあります。

まずは1,600件分を
収集できる無料版
お試しください!

31のWEBサイトから合計1,600件分の企業情報を無料で収集できます。

  • i タウンページ
× 100
  • Googleマップ
  • ぐるなび
  • アットホーム
  • マイナビ新卒
  • HotPepper
  • Hot Pepper Beauty
  • 食べログ
  • 転職会議
  • 楽天
  • 楽天トラベル
  • グースクール
  • リクナビ新卒
  • ハローワーク
  • etc…
×50 = 1500

※社名や住所・電話番号だけでなくFAX番号やメールアドレスもリスト化

収集したリストを活用して
効率的に新規顧客開拓!

企業リスト作成ツールの決定版 Urizo(ウリゾウ)

  • 導入実績 業界No.1
  • 導入企業 60,000 ダウンロード突破
  • 業界最安級 6,578円~/月