Knowhow KNOWHOW

リスト活用ノウハウ

テレアポ率を高めるにはどうしたら良い?

テレアポ率を高めるにはどうしたら良い?

テレアポとは?

様々な営業方法がある中最も有名なのはテレアポでしょう。 テレアポ(テレフォンアポインター)とは、電話でアポイント取る人を指します。 または、電話営業の仕事を指します。

アポイント率を高める方法として、いくつかのポイントがあります。

テレアポを行なう時間帯の違い

10時~11時と11時~12時の間でテレアポを行なった時の反応率は異なります。 色々な時間帯でテレアポを行い、どの時間帯が最も反応良かったのかを検証し、 無駄なテレアポを減らしましょう。

テレアポを行なう曜日の違い

月曜日等は週明けという事もあり、出社をしている可能性があるため話を聞いてもらえる可能性が高まります。(業種によって異なります) こちらも時間同様に反応が良かった曜日を検証しましょう。

小さな要求から行なう。

最初のテレアポから「挨拶をさせてください」とお伝えするとハードルが高くなってしまいます。まずは「情報提供の為に資料を送りたい」と伝えてみましょう。 資料を貰うことに承諾を得た場合はさらに「良ければ手渡しでご挨拶を」と伝えてみましょう。相手が興味を持っていれば、応じてくれる可能性が高くなります。 大きな要求を貰う前に小さな要求から段階を踏むと成功率が高まります。

決裁者や社長等に繋いでもらうためにはいくつかのコツがあります。 ぜひ活用してアポイント向上をしましょう。

どの様な商材を扱っているかを伝えましょう

1回目の電話で対応をされた担当者に対して「○○の件で資料をお届けしたくお電話を差し上げました」と、どの様な件で電話をしたのかを伝えましょう。 併せて、相手側が自社の商材に関連する対策や施策を行なっているかも聞いてみましょう。 ほとんどの場合、電話を取った担当者では分からない為、「分かりかねる」と返答が来ます。その場合は、ぜひ決裁者様(社長様)とその件についてお話がしたいから繋げてもらいたいと伝えると繋がる可能性が高まります。

大事な部分はゆっくりとはっきりと、全体的に柔らかく伝えよう

特に会社名や担当者名の名前は決裁者(社長)に取り次ぐ際に大事なので、相手側が聞き取りやすいように発言をしましょう。

1回目に対応された相手の名前や、決裁者(社長)の呼び方を確認しよう

2回目以降の電話を掛けた際に重要となりますので忘れずに確認しましょう。 決裁者(社長)の呼び方は会社によって異なる為、2回目以降の電話の際に誤った呼び方をしないように気をつけましょう。

2回目の電話が重要

2回目の電話をした際に「先日○○様より○○社長がこのお時間ならいらっしゃると聞いて・・・・・」と言う風に電話を掛ける事によって何かしらの関係があるのだと思われるため、繋がりやすくなります。

いかがでしたか? 1回目に電話を取った相手にも異なりますが、会社としての印象を良くし、 相手に有意義になる情報提供を行なうことがアポ獲得向上に繋がるので、 ぜひ実践してみてください。

まずは1,600件分を
収集できる無料版
お試しください!

31のWEBサイトから合計1,600件分の企業情報を無料で収集できます。

  • i タウンページ
× 100
  • Googleマップ
  • ぐるなび
  • アットホーム
  • マイナビ新卒
  • HotPepper
  • Hot Pepper Beauty
  • 食べログ
  • 転職会議
  • 楽天
  • 楽天トラベル
  • グースクール
  • リクナビ新卒
  • ハローワーク
  • etc…
×50 = 1500

※社名や住所・電話番号だけでなくFAX番号やメールアドレスもリスト化

収集したリストを活用して
効率的に新規顧客開拓!

企業リスト作成ツールの決定版 Urizo(ウリゾウ)

  • 導入実績 業界No.1
  • 導入企業 60,000 ダウンロード突破
  • 業界最安級 6,578円~/月