Knowhow KNOWHOW

リスト活用ノウハウ

テレアポとは?メリットや向いている人について解説

テレアポは、多くのアポイントを獲得するために、個人または企業に電話をかける営業方法です。今回の記事ではテレアポのメリットや、テレアポに向いている人を解説します。

テレアポとは?メリットや向いている人について解説

テレアポはテレフォンアポイントの略称であり、個人または企業を対象として、電話で営業をかける行為です。顧客と直接話すのではなく、電話での音声に頼ることになるため、一般的に難易度が高いといわれています。

「テレアポの仕事にはどのようなメリットがあるの?」と疑問を抱いている方も多いでしょう。今回の記事では、テレアポのメリット・デメリットや、テレアポに向いている人について解説します。

冒頭でも解説したように、テレアポは電話でアポイントを獲得する営業方法です。「テレアポ=BtoC」のイメージも強いですが、企業に対してテレアポをするケースもあります。

テレアポによく似た言葉として、テレオペやインサイドセールスがあります。テレオペはテレフォンオペレーターの略であり、商品・サービスに関する質問を受け付けたり、担当者への取り次ぎを行ったりします。「電話でのみやりとりをする」といった意味ではテレアポと同じですが、顧客にかけるのではなく、顧客から電話がかかってくる点で異なります。

またテレアポは多くのアポイントを獲得し、営業の成果を高めるための活動です。テレオペは、こちらから能動的に動くのではなく、「ユーザーの不満・悩み」を解決するために電話を受けます。

またインサイドセールスは、見込み顧客に対して営業し、質の高いアポイント獲得するために行われます。方向性としてはテレアポと同じですが、「よりアポイントの質を重視している」点で異なります。テレアポは顧客を育成するのではなく、アポイントをより多く獲得するための活動です。

テレアポにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、テレアポの仕事をするメリットを、5つのトピックに分けて解説します。

社会人として正しい話し方が身につく

まず代表的なメリットとしては、社会人として正しい話し方が身につく点です。アポイントを獲得するためには、当然の話ではありますが、顧客に「この営業ならアポイントを取ってもいい」と思わせなければなりません。

電話を受ける側の視点に立ってみると、いい加減な言葉遣いをする相手に対して、アポイントを取ろうとは思わないでしょう。より多くのアポイントを獲得するためには、敬語の使い方や話し方など、「声」に関する様々な部分を洗練させる必要があります。

高収入を狙いやすい

テレアポは一般的に報酬が高めに設定されているため、高収入を狙いやすいメリットもあります。テレアポをする場合は、通常の営業職でテレアポをすることもありますが、コールセンターに勤務するケースもあります。

どちらにせよ、基本給とは別にインセンティブ(成果報酬)が設定されている場合があり、高収入を狙いやすい仕事といえるでしょう。比較的高いトークスキルが求められるため、次々に課題が見つかり、やりがいもあります。

勤務時間が比較的柔軟

営業職の正社員であれば別ですが、コールセンターに勤務する場合は、勤務時間が自由に設定されていることも多くあります。自分のペースで働けるのも、テレアポの仕事をするメリットといえるでしょう。

特にコールセンターの場合は、少人数でテレアポをするようなケースは稀です。ある程度まとまった人数でテレアポをするため、一人ひとりの勤務時間も多少柔軟になります。

服装の自由度が高い

服装が比較的自由なのもテレアポのメリットです。テレアポは電話で顧客と話をするため、直接顔を合わせる必要がありません。極端な話をすれば、どのような格好をしていても業務上は問題ないため、ある程度自由な服装で勤務できるでしょう。

しかし顧客と顔を合わせないとしても、多くの従業員が働く職場に通勤しなければなりません。「服装自由」の職場であっても、社会人として最低限のマナーを意識しましょう。

職場の人間関係が比較的ドライ

職場の人間関係が比較的ドライなのも、テレアポのメリットです。特に営業職ではなくコールセンターの場合は、顧客へのテレアポが主な仕事になります。職場内で協力して業務を進めるようなシチュエーションが少ないため、良くも悪くも濃い人間関係が生まれにくい環境です。

「人間関係が原因で前の職場を辞めた」「職場の人間とは必要最低限のコミュニケーションで済ませたい」と考えているような人にとっては、比較的働きやすい職場といえるでしょう。

テレアポに向いている人は、主に以下の二つです。

・電話のコミュニケーションに抵抗がない
・インセンティブで稼ぎたいと考えている

特に仕事で電話を取る習慣がない場合、「どうしても電話に出るのが嫌いだ」という人もいます。一方、直接人と話すのは苦手だが、電話であれば問題なくコミュニケーションが取れる人もいるでしょう。

またテレアポの仕事は、インセンティブが設定されているケースがあるため、成果報酬でしっかり稼ぎたい人にも向いています。

今回はテレアポのメリットや、テレアポに向いている人について解説しました。テレアポは多少のストレスがかかる仕事ではありますが、その分やりがいも大きい仕事です。

電話のコミュニケーションに特に抵抗がなく、成果報酬で稼ぎたいと考えている人は、テレアポの仕事を検討してみるのもいいでしょう。

まずは1,600件分を
収集できる無料版
お試しください!

31のWEBサイトから合計1,600件分の企業情報を無料で収集できます。

  • i タウンページ
× 100
  • Googleマップ
  • ぐるなび
  • アットホーム
  • マイナビ新卒
  • HotPepper
  • Hot Pepper Beauty
  • 食べログ
  • 転職会議
  • 楽天
  • 楽天トラベル
  • グースクール
  • リクナビ新卒
  • ハローワーク
  • etc…
×50 = 1500

※社名や住所・電話番号だけでなくFAX番号やメールアドレスもリスト化

収集したリストを活用して
効率的に新規顧客開拓!

企業リスト作成ツールの決定版 Urizo(ウリゾウ)

  • 導入実績 業界No.1
  • 導入企業 60,000 ダウンロード突破
  • 業界最安級 6,578円~/月