Knowhow KNOWHOW

リスト活用ノウハウ

新規営業の方法とは?アウトバウンド営業やインバウンド営業の手法を解説

新規営業には、大きく分けてアウトバウンド営業とインバウンド営業の二つがあります。「アウトバウンド営業(インバウンド営業)にはどのような方法があるのか」を整理しておくのが重要です。今回の記事では、新規営業の方法を解説します。

見込み客を見つける方法

新規営業には、大きく分けてアウトバウンド営業とインバウンド営業の二つがあります。何となく言葉の意味を知っていても、実際にどのような意味なのか説明できない人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、新規営業の方法として、アウトバウンドとインバウンドについて解説します。

アウトバウンド営業とは、こちらから個人または企業に対して働きかける営業方法です。前もって見込み顧客のリストなどを用意しておき、プッシュ型のアプローチを行います。

アウトバウンドを英語で書くと「Outbound」であり、「内から外へ」という意味になります。ワードが示すように、会社(内)から顧客(外)へ営業をかける方法になります。

インバウンド営業とは、先ほど紹介したアウトバウンド営業の対義語にあたり、顧客からの働きかけを受ける営業方法です。英語で書くと「Inbound」であり、顧客(外)から会社(内)へのベクトルになります。

インバウンド営業のメリットとしては、顧客が興味を持っている段階から営業をスタートするため、アウトバウンド営業に比べてアポの獲得率が高い点です。

アウトバウンド営業には様々な手法があります。ここでは代表的な方法を四つ解説します。

訪問営業

まず一つ目は訪問営業です。いわゆる飛び込み営業であり、アポイントがない状態で顧客を訪問するアプローチになります。新型コロナウイルス感染症が拡大している社会情勢では、あまり歓迎されない傾向にあるので、なるべく避ける方が無難でしょう

テレアポ

二つ目はテレアポ営業です。テレアポとはテレフォンアポインターの略で、電話によってアポイントを獲得する方法です。断られる場合はすぐに断ってもらえるため、試行回数を稼ぎやすく、営業効率の良い方法として知られています。

レター営業

三つ目はレター営業です。顧客に直接手紙を送り、営業をかけていきます。「今時手紙で営業するの?」と思う方もいるかもしれませんが、現代でもレター営業は健在です。相手と直接コンタクトを取り、信頼関係を築きやすいメリットがあります。

メール営業

四つ目はメール営業です。メールの代わりにDMやFAXが使われることもあります。テレアポとは異なり、テキスト形式で営業をかける方法です。あまり返信率が高くないといったデメリットもありますが、トークスキルが要求されないため、確実に相手に用件を伝えられます。

SNS

まず一つ目はSNS運営です。SNSは、ソーシャルネットワーキングサービスの略で、情報発信のツールとして使えます。最近ではFacebookやInstagram、TwitterのようなSNSが使われ、企業アカウントが多く作られています。ある程度のフォロワーを獲得すれば、お金をかけずに高い広告効果を達成できるため、とても人気の高い方法です。

YouTube

二つ目はYouTubeです。YouTubeも定義によってはSNSに含まれますが、ここでは別個のものとして扱います。YouTubeは動画をメインにしたプラットフォームで、テキストベースの情報発信よりも、多くの情報を伝えられるメディアです。YouTubeでファンを増やし、ブランディングをしていく方法もあります。

Webサイト

三つ目はWebサイトです。オウンドメディアのようなコンテンツを用意し、テキストベースで情報を発信していく方法になります。Webサイトのコンテンツに、SNSの投稿やYouTubeの動画を埋め込むことで、相乗効果も期待できるでしょう。作成したコンテンツが検索上位に表示されれば、検索エンジンから多くの流入が見込めます。

セミナー・イベント

四つ目はセミナーです。セミナーを実施し顧客を呼び込むことによって、新規営業する方法もあります。大きな手間はかかりますが、その分多くのメリットが得られるでしょう。昨今はオフラインのセミナーだけでなく、オンラインセミナーを開催し、インバウンド営業の一つとして実施するケースもあります。

広告

五つ目は広告です。Web広告から駅の壁まで、現代には多くの種類の広告があります。かつてはオフライン広告しか選択肢がなかったものの、最近はオンライン広告の市場も発展しており、幅広い種類のWeb広告が浸透しています。特にオンライン広告は、様々な手法から適切なものを選べるため、人気の高いインバウンド営業方法です。

今回の記事では、アウトバウンド営業とインバウンド営業の概要を解説し、それぞれの具体的な手法をみてきました。

アウトバウンド営業とインバウンド営業は、営業のベクトルが異なっています。最近ではインターネットの発展もあり、インバウンド営業の重要性がより増してきているといえるでしょう。

最適な新規営業をするためには、自社を徹底的に分析し、どの営業方法が合っているのかを見極めるのが重要です。今一度、自社の立ち位置や方向性を見直してみてはいかがでしょうか。

まずは1,600件分を
収集できる無料版
お試しください!

31のWEBサイトから合計1,600件分の企業情報を無料で収集できます。

  • i タウンページ
× 100
  • Googleマップ
  • ぐるなび
  • アットホーム
  • マイナビ新卒
  • HotPepper
  • Hot Pepper Beauty
  • 食べログ
  • 転職会議
  • 楽天
  • 楽天トラベル
  • グースクール
  • リクナビ新卒
  • ハローワーク
  • etc…
×50 = 1500

※社名や住所・電話番号だけでなくFAX番号やメールアドレスもリスト化

収集したリストを活用して
効率的に新規顧客開拓!

企業リスト作成ツールの決定版 Urizo(ウリゾウ)

  • 導入実績 業界No.1
  • 導入企業 60,000 ダウンロード突破
  • 業界最安級 6,578円~/月