Knowhow KNOWHOW

リスト活用ノウハウ

リスト作成ツールとは?おすすめの営業リストツールと選び方

営業担当者にとって営業リストの作成は大変ですが、専用の作成ツールがあればその負担の軽減が可能です。営業リストツールを導入する場合、情報リソースの明瞭さと豊富さ、欲しい情報を取得できること、検索条件のバリエーション、導入費用、無料トライアル期間の有無の5点に注目することが大事です。

リスト作成ツールとは?おすすめの営業リストツールと選び方

営業担当者にとって、重要な仕事ではあるものの、とにかく手間がかかってしまうのが営業リストの作成です。営業リストを作るのに時間をかけるあまり、他の業務が後回しになることも多いのではないでしょうか。そんなとき、頼もしい味方となってくれるのが、営業リスト作成ツールです。
今回は、営業リスト作成ツールの概要と、選ぶ上でのポイントやおすすめのツールについて詳しくご紹介します。

営業リスト作成ツールとは、ターゲットとなる顧客あるいは見込み客の情報をネット上から収集し、リスト化するツールのことです。

ネットを通して集めるとはいえ、PCを使って自分で行うとかなりの時間や労力を使います。営業リストを作るために、1日に何時間もPCの前に座り続けないといけない、といった状況も生じるでしょう。

しかし、営業リスト作成ツールを導入することで、そうした情報収集をすべて自動で行うことができます。作成効率を大幅に向上できるので、営業担当者は空いた時間を他の業務に使うことが可能です。営業部門全体としての生産性を向上させるという点でも、導入する価値は高いといえます。

営業リストを効率的に作成できること以外にも、営業作成ツールの導入には多様なメリットがあります。

まずは、顧客情報を一元管理できるという点です。営業担当者が個々に営業リストを作り、別の担当者がそれを共有しようとするとき、いちいちその内容を一からチェックし直す必要があります。一方、営業リスト作成ツールを使用すれば、どの営業担当者も最初から共有されている一つのデータベースのみチェックすればいいので、個別に作成・管理・報告されたリストを逐一確認しなくても済みます。

また、営業リスト作成ツールの中には、作成されたツールを利用して営業用のメールを自動配信する機能をもつものもあります。営業担当者がメールアドレスを確認して送信する、といった手間が省けるので、この点でも業務効率化を実現できるわけです。リスト作成だけでなく、+αの機能をもっている点も、営業リスト作成ツールの強みです。

現在、営業リスト作成ツールを販売・提供している企業は多数あり、その中から自社に合ったサービスを選ぶ必要があります。では、実際に自社に導入するという場合、どのような基準でツールを選択すればいいでしょうか。以下に、営業リスト作成ツールを選ぶ上での五つのポイントをご紹介しましょう。

情報リソースの明瞭さと豊富さ

営業リスト作成ツールは、リストを作成するにあたって設定されている情報源を活用します。もし導入を検討する場合は、収集された企業情報のリソースに問題がないのか、さらに情報量が豊富かどうかをチェックしておきましょう。

特に情報のリソースについては、あいまいだったり、疑問の余地が残るものであったりすると、営業先から指摘されたときに回答に困ることがあります。営業リスト作成ツールごとに情報源は異なるので、営業先に提示しても問題がない情報源かどうかを確認してからツールを選ぶことが大切です。

欲しい情報を取得できること

営業リストを作成するにあたっては、企業の基本情報(名前・住所・代表者氏名・連絡先)などは不可欠です。しかしそれに加えて、業種や企業規模、設立年月日や昨期の売上高などの情報もあれば、営業リストとしてのクオリティは高まります。

営業リストで入手されている情報の項目が多いほど、営業活動をスムーズに行えます。営業部門としてどのような情報が必要なのかを確認し、その情報を収集できるツールを選びましょう。

検索条件のバリエーション

営業リスト作成ツールは多くの企業情報を集めますが、そこから自分が営業先として指定したい企業を検索し、抽出する必要があります。その検索機能がどれくらい充実しているのかも、ツール選択における一つの基準です。

たとえば、業種のみならず、従業員数や売上高なども検索条件として指定できれば、営業効率を上げることにつながるでしょう。

導入費用

営業リスト作成ツールの料金は、無料から毎月定額のものまで様々です。価格帯の幅が広いので、コストパフォーマンスの高いツールを選ぶことが重要といえます。安ければいいというわけではなく、提供されるサービスと費用とを比べ、納得できるツールを選択しましょう。

無料トライアル期間の有無

特に初めて営業リスト作成ツールを導入する場合、実際に使用してから「あの機能も欲しかった」や「欲しい情報と異なる」といった不満が生じやすいものです。無料トライアルができれば、もし自社に合わないと判断できればコストをかけずに切り替えられます。

現在販売されている営業リスト作成ツールのうち、おすすめのツールをいくつかご紹介しましょう。

Googleアラート

キーワードを設定すると、そのキーワードに関連した最新の情報をメールで配信してくれます。業種や業界の名前をキーワードとして設定しておけば、その分野の最新の動向や企業情報を知らせてくれるので便利です。単体で使うのではなく、他のツールと並行して使用することをおすすめします。

BIZMAPS

170万社以上のデータをもつ企業検索サービス会社です。業種での検索やフリーワード検索ができるほか、ハッシュタグを使っていろいろな検索条件を設定できるのが大きな特徴です。毎月100社分までは無料で利用でき、それ以降は1社につき30円かかります。

ListA

ネット上にある1,000万以上の企業情報から、必要な情報を自動で抽出してくれるツールです。クラウド型ではなくソフトをダウンロードして使用するタイプのツールで、月額1万1,000円(税込)から利用できます。

ラクリス

50サイトの情報源から700万件の情報をピックアップし、その中から営業リストを自動作成するツールです。クラウド型のサービスで、操作が簡単であるのも特徴といえます。月額料金1万円から利用可能です。

SPEEDA

クラウド型のツールです。560の業界の中から、国内だと全上場企業と未上場145万社、国外だと上場企業約5.9万社、未上場約850万社の中から、必要な企業情報を収集できます。 無料トライアルでも利用可能です(料金については送付される資料にて確認)。

Urizo

ハローワークやタウンページなど、30以上のサイトをデータベースとして情報収集するツールです。無料トライアルでも月1,600社まで企業情報を得ることができ、はじめて営業リスト作成ツールを導入するという企業にとっても使いやすいでしょう。
有料版でも、名簿作成の費用は1社あたり1円以下なので、コストパフォーマンスに優れています。

営業担当者にとって営業リストの作成は大変ですが、専用の作成ツールがあればその負担を一気に軽減できます。
実際に営業リストツールを導入する場合は、情報リソースの明瞭さと豊富さ、欲しい情報を取得できること、検索条件のバリエーション、導入費用、無料トライアル期間の有無の5点に注目しましょう。自社に適したツールを導入することが大切です。

まずは1,600件分を
収集できる無料版
お試しください!

31のWEBサイトから合計1,600件分の企業情報を無料で収集できます。

  • i タウンページ
× 100
  • Googleマップ
  • ぐるなび
  • アットホーム
  • マイナビ新卒
  • HotPepper
  • Hot Pepper Beauty
  • 食べログ
  • 転職会議
  • 楽天
  • 楽天トラベル
  • グースクール
  • リクナビ新卒
  • ハローワーク
  • etc…
×50 = 1500

※社名や住所・電話番号だけでなくFAX番号やメールアドレスもリスト化

収集したリストを活用して
効率的に新規顧客開拓!

企業リスト作成ツールの決定版 Urizo(ウリゾウ)

  • 導入実績 業界No.1
  • 導入企業 60,000 ダウンロード突破
  • 業界最安級 6,578円~/月